長く続けられる には無理なく
「自然に利益が積み上っていく」
安心感 が重要です。

目先の勝ち負けに一喜一憂したり、先が見えない行き当たりばったりのトレードがなくなります。
場当たり的なトレードは投資ではなくギャンブルに過ぎません。
損失を経費として限定できる技術、メンタルコントロール、投資をギャンブ
ルではなくビジョンが明確なビジネスに変える一生のスキルも手に入ります。
明確な取引ルール

これまでの実績に裏づけされたシステムを背景にコスト意識がしっかり身につけば、
従いやすいロスカットルールにより損切りも苦にはなりません。
大当たりがくればしっかりホールド。
どこまで利を大きく伸ばすのか。どこまでで損を限定するのか。
それがルール付けできてこそはじめて利大損小システムを実現させることが出来るのです。
安心して従えるルールとリスクマネジメント

裁量が入る取引でもあたかもシステムトレードの如く粛々と行えるようなルール構築やリスクマネジメントのノウハウがあればどれだけ精神的な負担が軽減することでしょう。

トレンドフォローで十分な含み益が発生したはずなのに、利食いを急いでしまって高値を呆然と見上げていたなんて経験はありませんか?

自分が売った値より高値で買えないというのが一番の理由だと思います。

決して恥ずかしいことではなく、それは人間の自然な心理です。 おそらく誰もが潜在的に持つ人間の直感的かつ自然な本能なのでしょう。

「追いかければもっと儲かったのに」と損をしてないのに損した気分になってしまうこともあるでしょう。

そして、また同じような急騰場面で今度は追いかけて買いに行ったら高値つかみした途端に急落してしまって売るに売れずに大損してしまった、なんてケースもあるのではないでしょうか。

しっかりしたトレーディングのスタイルが確立されていないとこのような行き当たりばったりのトレードに陥りがちです。 投資戦略も何もなく丸腰の状態で闇雲にトレードを続けることは、投資ではなくただのギャンブルです。

そのような方法ではいつまで経っても資産形成は望むべくもありません。

仮に10回中7回負けても残りの3回がそれまで負けを綺麗さっぱり水に流し大逆転勝利できるのがトレードの醍醐味であり、当然逆に9回勝っても残りの1回の大負けですべてを吹き飛ばしてしまうリスクがあるのもトレードの恐ろしさです。

負けているトレーダーの大半がその逆のパターンをしていることになります。

もちろん利小損大のトレードでもずっと高い勝率を維持することができれば、トータルで利益になる限り、決して間違ったものとはいえないでしょう。しかしはたしてそんなことが永遠に可能でしょうか。

市場をとりまく環境は刻一刻と変化しています。

巷にはトレードを記録しているブログがたくさんあふれています。

出ては消え、出ては消えの繰り返しです。

一時だけ「儲かっても続けられなければ意味がない」のではないでしょうか。

重要なのはどれだけ続けられるかです。

利大損小の本質もそこにあるのですが、人間の心理の本質からしてそれは言うほど簡単ではありません。

結局重要なのは安心して従えるルールとリスクマネジメントにあるのだとお気づきになると思います。

目先の勝率はあまり意味がありません。


これまでの実績に裏づけされたシステムを背景にコスト意識がしっかり身につけば、従いやすいロスカットルールにより損切りも苦にはなりません。大当たりがくればしっかりホールド。

走らない相場では、安易にホールドするよりも、細かく刻み、大きな波を待つという次善の策、三善の策もあり、精神的な余裕が生まれますし、実戦的だといえるでしょう。

どこまで利を大きく伸ばすのか。どこまでで損を限定するのか。

それがルール付けできてこそはじめて利大損小システムを実現させることが出来るのです。

ノウハウがないと動けず、下手に動けば怪我をする

「日経平均を売買する」ということは倒産リスクが限りなくゼロに近い銘柄を売買するようなものですから実にシンプルですし、先物であれば差金決済ですから引渡し日を考える必要もないので一定の証拠金で1日に何度も売ったり買ったりが可能です。

純粋に「売るか買うか」、「上か下か」だけ考えればよく、楽といえば楽です。

しかし実際に取引すれば相場に振り回されていませんか。

「想定外」や「未曾有」を言い訳にしてはならない

裁量トレードにしろ、システムトレードにしろ、「これ」という自分の投資スタイルやトレーディングのノウハウをしっかりと確立することが重要です。

「日経225先物」は資金効率や利便性の点で非常に魅力が高い日本を代表するデリバティブ金融商品です。

市場参加者も多く、当然世界中から多くのプロの投資家が参加している世界でもあります。

相場はそんなプロたちの強欲や恐怖が織り成しているものです。いくら方向性は上か下かだけで簡単だからといってもタイミングを図るのは難しく、何のノウハウもなく丁半博打のようなトレードをしていればすぐに限界は訪れるはずです。

また、ひとたびリスク管理を誤れば、冷静な判断力を失い不本意な行動に出てしまうのもまた人間です。理屈ではない衝動が人間を突き動かしてしまうことだってあるかもしれません。従ってノウハウだけでなく、それ相応に十分な余力も必要です。


安定的に利益を積み上げるために必要なシステムとは何か?

「想定外」や「未曾有」の事態がこれだけ立て続けに起これば、もはや投資を行う者は決して「想定外」を言い訳にしてはいけません。

投資戦略というのはまさにかかる事態にこそ磐石であることが求められ、いざ未曾有の相場展開になったときこそユーザー様の資産を守ることに徹したこのリスクマネジメントが生きてくるのです。

どうか、マーケットで大怪我をしないための戦略の確立とリスク管理を抜かりなく。それを実現するにもまた適切な事前準備とノウハウが欠かせません。当商品はそんなニーズにお応えする画期的な運用戦略プログラムです。

様々な戦略を網羅していますが、朝戦略や途中決済の戦略をマスターするだけでもデイトレードで格段に優位に立てることを実感して頂けることでしょう。


漫然としたシステムトレードは利益を生むどころか、長期的にはストレスや苦痛をもたらします。 利食い千人力という言葉からも、途中決済のシステムは欠かせません。 どこまで利益を伸ばせばよいか、我慢すべきところ、損切りしなければならないポイントも事前にルール化しています。同じ戦略を選択すれば誰がトレードしても基本的に同じパフォーマンスを得られるように設計されています。

人間の思考は含み益は早く、損出しは認めず引き伸ばす傾向にあるため、感情のままトレードを続ければ自然と損大利小トレードをしてしまうのが一般です。退場を余儀なくされる理由の大半がこのパターンです。

ポジションをすぐに利益確定すべきか?
もっと我慢し利益を伸ばすべきか?
事前にルール化できれば、もう行き当たりばったりのトレードをすることもありません。
一旦上昇して含み益が出てもいわゆる「いってこい」で利幅が縮小する場面でも、引けまでホールドすべきか、すぐに利益確定してしまおうかという裁量型デイトレード特有の悩みを機械的にルール化することで解消させることができます。

一般の寄り引けシステムでは明らかな逆行トレンドがでていてもロスカットポイントまでホールドを強いられるという精神的苦痛を伴いますが、当戦略では大きなロスカットを徹底的に排除するルールのため長期的視野にたっても優位性があり、事実として多くの方にご愛顧頂きご好評を賜っております。

短期的な目先の利益ではなく、長期で安定的にルール通りにトレードできることが何よりも重要ではないでしょうか。当戦略はそのノウハウをご提供するものです。投資情報はあまたございますが、当戦略を一度ご購入頂くだけで日経225に関する様々なノウハウをご提供できますので長い目でみれば最も経済的です。

一度ご購入頂きルール構築して頂ければ、以後シグナル配信などに依存する必要もありません。

日経225と世界の金融情勢 まさにプロが行うディーリングが個人でも可能に

あらゆる相場に対応したまさにゼロサムゲームの勝ち組側に個人投資家でも誰でも入れるようにと考案されたプロフェッショナルなデイトレード戦略です。

その他、裁量からシステマティックな手法まで多彩な売買シグナルやプロのトレーディングノウハウを網羅しています。 ザラバに張り付いていられない日中お勤めのサラリーマンの方や、育児に奮闘中でお忙しい主婦の方でも十分にご活用頂いております。